脱毛と文化的違い

国際色豊かな会社では、いろんな国の人が働いています。
国、民族ごとに文化や習慣はいろいろです。
驚くような文化の違いがあって、文字どおりカルチャーショックを受けることもしばしばだそうです。
そんな会社に勤めている女性から聞いたのですが、脱毛に関しても、国ごとに様々な違いがあります。
当然、日本人女性の常識とは相いれないことも多々あります。
脱毛サロンの話になっても、「何それ?」と言う感じでなかなか理解してもらえないこともあるそうです。
そもそもムダ毛という言葉があるように、最早、なんの機能も無いと思われる箇所の毛については、それぞれの美的判断で対応するのは当然のことかもしれません。
だから、どれが正解というものでもありません。
ただ、郷に入れば郷に従えと言う言葉もあるように、ある程度はその住んでいる地域の習慣に合わす必要があると思いますが、どうでしょうか?

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ