どうする埋没毛?

埋没毛は恐ろしいですよね。
皮膚の下に生えてしまっているから、見苦しいのに抜きにくいですし、炎症を起こしていたりして、赤く腫れあがったり膿んだりしてしまいます。
埋没毛の一番の原因は毛抜きによる脱毛です。
毛抜きで一気にひっこ抜くことで、毛根まで抜け切らず、皮膚の奥に残った毛がそのまま皮膚の下で伸びてしまうのです。
皮膚が刺激で傷つき、傷を塞ごうとして残っている毛まで出口を失ってしまっているんですね。
こうした埋没毛を作らないためには、毛抜き処理をやめることです。
なるべく毛穴にダメージを与えない処理方法にしなくてはなりません。
また処理後の保湿ケアも肝要です。
そして既に出来上がっている埋没毛に関しては、無理にご自身で処理しないようにしましょう。
逆にさらなる炎症をおこしたり、悪化させることになります。
出来れば皮膚科などに相談して、レーザーなどで処理してもらいましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ