産毛にも効果あり!光脱毛のスゴ技!

71a4e11f2aaa455cc69f4d7c9de937ce_s

産毛は脱毛しづらい

生えたての産毛は、色素も薄く、ともすると透明に見える程度です。
この産毛、実はクリニックのレーザーやサロンの光脱毛では処理が難しいのをご存知でしょうか。
というのは、レーザーや光による脱毛は、毛の黒や茶といったメラニン色素に反応してその部分を熱でダメージを与え、毛が生えにくくなる状況をお肌に作り出すという仕組みです。
この点、産毛はメラニン色素が弱く、レーザーや光が反応しない事があるのです。

脱毛の仕組み

レーザーや光による脱毛を受ける際、ムダ毛を少し伸ばした状態で来てくださいとか、日焼けは避けてくださいなどと言われます。
それは毛がほとんどないとメラニン色素に反応できないためであり、日焼けしてお肌と毛の境界線がなくなると、うまく反応できないからです。
一方、タトゥーを入れている方や、黒いほくろや赤黒い傷跡などがある場合は反応しすぎてしまうため、お肌にそういった部分がある場合は白いシールを張ってカバーしてから照射します。
これに対して、白髪や産毛など色素が薄いものは脱毛が難しいのというのが、基本的な仕組みなのです。

産毛も薄くできる

単に光を当てるだけでは、メラニン色素が薄い産毛は反応できず、光でダメージを与えることができません。
ですが、サロンによっては様々な研究をしたり、技術を編み出して産毛も処理できるように工夫しているのです。

たとえば、光に反応しやすい特殊なジェルを塗ることで、産毛も目立つようになり、少しずつですが光に反応するようになります。
また、除毛や減毛効果のあるジェルと併用することで、目立つムダ毛を処理しつつ、産毛も徐々に薄くしていくことも可能なのです。
もちろん、光を照射する機器自体も進化を続けていますから、より好感度で反応し、昔は難しかった産毛にも少しずつ効果が出るようになってきています。

続けていくうちにキレイになっていく

いずれにしても、カミソリのような自己処理と違い、サロン脱毛は一度で全ての毛がなくなる方法ではありません。
毛周期に合わせ、毛が目立ってくる成長期に光を照射して、発毛組織にダメージを与えることで、毛が再生するのを抑えたり、生えにくい状態を作りだしていきます。

施術を継続することで、徐々に毛が薄くなり、量が少なくなり、ほとんど目立たなくなるのです。
つまり、施術を継続することで産毛が生えにくくなっていきます。
新しい毛が生えにくくなる環境を整えていくわけですから、当然、毛の赤ちゃんである産毛は育ちにくくなるのです。
現在ある産毛は初めは反応しなくても、徐々に成長していく過程で光に反応してなくなります。
この相乗効果で、ツルツル、きれいな肌が手に入るのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ